二世帯住宅にしようと思っている理由について

我家は近い未来に二世帯住宅を考えています。二世帯住宅は初めてなのでどんな家にしようかすごく考えています。そこで、何故我家が二世帯住宅にしようと思ったのか、どのように気をつけて考えているなどを紹介したいと思います。

何故、二世帯住宅を考えたのか

何故、二世帯住宅を考えているのかというと、私が将来働く予定なので子どもの面倒を見てもらうためです。
やはり、子どもがいながら働くというのはとても大変なことです。ですので、二世帯住宅にして子どもの面倒を見てもらえたら良いなと思い、二世帯住宅を検討をしています。もちろんそれだけではなく、私の子どもにとって近くに祖父と祖母がいるのは良い環境ではないかという事もあり、二世帯住宅を考えています。今の人たちはどうしても働く人が多いのでお互いに助け合う事が大切ですよね。また、祖父と祖母も孫たちがいる環境で暮らしたいというのと安心したいという気持ちがあるので、二世帯を望んでいます。私たちの家族と私の親の意見が一致したので二世帯住宅を考えることにしました。

また、同居でなくて何故二世帯なのかというと、やはり、お互いに生活している環境が違うので自分たちのスペースは確保した方がいいということで二世帯住宅です。玄関も水周りも全て別々という二世帯を考えているので、お互いに自分たちの事は自分たちでやって何かあればお互いに助け合うという二世帯住宅を考えています。やはり、お互いに世帯を持っているので同じ空間にずっといると争いが起きてしまう可能性があるので、二世帯で自分たちのスペースを持つことにしました。

あと、相続税が減額されることです。平成27年の税制改正以降、相続税がかかる家庭が増えてきました。うちも裕福ではありませんが、財産の残り具合によってはうちもひっかかる可能性があると考えると今から対策しておきたいです。その点二世帯住宅は特例で相続税が控除されるメリットがあったので、どうせなら二世帯住宅がいいかなと思っています(参考:小規模宅地の特例)。

これが我家が二世帯住宅を考えた理由なので是非、参考にしてください。

二世帯住宅を建てる際に気をつけようと思うこと

二世帯住宅を建てるときに気をつけようと考えているところはお互いに自分たちの空間を作ることです。やはり、自分の家族といっても生活するペースは違うのでお互いのプライベートはとても大切です。ですので、お互いのプライバシーはしっかりと守った二世帯住宅にしたいと思っています。私たちももちろん自分たちのプライベートは欲しいので、自分たちの空間も大切にしたいです。

また、私たちには子どもがいるので、音などがうるさくなります。ですので、防音もしっかりとした家作りがしたいと思っています。また、祖父や祖母は高齢なので、高齢でも住みやすいような間取りにしたいと考えています。また、我家の方は将来子どもが大きくなったときでも子どもが生活しやすいように子ども部屋を作るなど、将来の事を考えた間取りにしたいと思っています。二世帯住宅を作って出来るだけお互いの家族がストレスなく住めるように考えていきたいと思っています。

完全な同居にしてしまうと揉め事が起きる可能性がありので、出来るだけ私たち家族と祖父や祖母の意見を上手に組み合わせて家作りをしたいと思います。我家は注文住宅で家を建てるので自分たちが満足いくような家にするのが目標です。今だけではなく、10年後20年後の事を考えて間取りを考えて生きたいと思っています。二世帯住宅で上手くいくためには色々な事を考える必要があると思うので、お互いに話し合っていきたいと思います。