二世帯住宅の良い点はどういう点があるのか?

親と同居しないといけないという夫婦もいるかと思います。

今の時代は親と同居する夫婦は昔と比べれば減ってはいますが

それでもアパートを借りて毎月家賃を払うのはお金が勿体ないと思った時は親との同居を選びます。

その時に二世帯住宅を選ぶという人が多くなります。

二世帯住宅を選ぶのはどういう時に選ぶか

では、実際に二世帯住宅にして親と一緒に同居する事を選ぶ選ぶ理由は二世帯住宅にした方が親と同じ家に住みながら生活自体は別々にできるというのがあります。

確かに家を二世帯住宅にするにはかなりの費用が必要になります。ですが、私も親と同居をする事にした時にそれだけの費用を出してでも二世帯住宅にした方が良いと思って二世帯住宅にして親と同居しました。

それはやはり親と同居する時に普通の家で同居する事になると

いつも親と顔を合わせて暮らす事になってしまいます。

それだと義理の親との生活にものすごくストレスを感じてしまいます。なので二世帯住宅にして本当に良かったと思っています。

なぜなら、二世帯住宅にしたおかげで義理の親と滅多に顔を合わなくて済んで世帯別々に暮らせて同じ家に住んでいても

お互いにストレスを感じずに暮らせるというのがあったからです。

なので二世帯住宅にして親と同居するのはかなり大きなメリットはあります。特に親と同居してもお互いにストレスを感じずに快適に暮らしたいと思う人にとっては二世帯住宅を選ぶのがベストです。

実際に義理の親と同居する事になると普通の家で同居すると

本当にリラックスできないです。

いつ義理の親と顔を合わせてもおかしくない状況になります。

そういうのを回避したいと思うなら二世帯住宅を選ぶしかないです。

二世帯住宅にして具体的にどういう違いがあるか

では実際に親が住んでいる家を二世帯住宅にするとどういう違いがあるかというと、それは二世帯住宅にする前の家だと改築の費用は不要でそのまま家に住めますが、どれだけ親となるべく顔を合わせないようにしてもほぼ毎日のように顔を合わせてしまいます。

それに対して二世帯住宅にしたら完全に別々の居住空間になるのでお互いの居住空間のみを移動する事になるのでいくら家の中をうろついてもお互いにバッタリ顔を合わせなくて済みます。

なので明らかに二世帯住宅にした方がストレスを感じないというのがあります。

そして二世帯住宅にする一番のメリットは食事の時も

お互いに別々のキッチンで作って食べる事になるので

自然に親と自分達夫婦が別々に食事を食べる事が可能になります。

ですが、これが普通の家で同居する事になるとキッチンもひとつしかないのでそこで親と自分達夫婦の食事を用意する事になます。

そうなるとどうしても同時に食事の用意をする事になって

また一緒に食事をしないといけなくなります。

それで嫌でも義理の親と毎日顔を合わせる事になってしまうので普通の家で親と同居するのはかなりデメリットが多いです。

なので親と同居する時はお金をかけて二世帯住宅にするのが良いというのは確かです。確かにそれで家の改築でかなりお金はかかりますがそれで気持ちよく親と同居できるのでそれだけの価値はあります。